世知辛い世の中になったもんです

おはようございます。参院選が公示され、自身の朝活ができない(自粛)ので悶々としています。天気もどんよりして拍車をかけています。
さて、最近はなんで、こんな事が問題視されるのか?!という事が多くなってます。
某プロ野球チームの応援歌に「お前が打たなきゃ誰が打つ…。」と言う歌詞で、“お前”と言う言葉を子どもたちに歌わせてはいけないのでは?という意見があり、応援歌を自粛したそうです。

状況、状態、場面、その時々で言葉は使い分ければ良い事であり、何でもかんでもダメというのは如何かと考えさせられました。コメンテーターの方の意見で「じゃあ、童謡のでんでん虫もダメになるのか?」(🎵お前の頭はどこにある)には笑いました。

また、高校野球でよく見る光景に負けたチームが勝ったチームに千羽鶴を託す場面。見たことありますよね?それがある県の高野連が「託されたチームが処理に困るので千羽鶴を譲り渡すことを禁止」と明示したとありました。
いつからこんな時代になったのだろう。勿論、不適切な言動、行動は慎むべき。が、全てが十把一絡げになってはいないか。何が良くて何が悪いかの判断がつきにくくなり、これから先益々不適切の事案が増え続けて行くと危惧します。
多くの声によって指摘されるのならば、多くの声でそれは行き過ぎ、の声を上げるのも一考に思います。

Follow me!

小野寺淳一後援会のご案内

小野寺淳一後援会に入会して頂けるサポーターを募集しております。
小野寺淳一の 政治理念や政策にご賛同頂ける方 に、ぜひともご協力を賜りたくお願い申し上げます。